眼圧を下げるツボは手と眼の周辺

  眼圧を下げるツボは手にも眼の周辺にもある

眼圧を下げるツボが手にも眼の周辺にもあるのをご存知ですか?

 

眼圧を下げることは緑内障(視野狭窄)の進行を止めるために絶対に必要なことですが、眼科の目薬で視野狭窄の悪化を確実に止めることが出来ないので、私たち緑内障患者は目薬以外の方法を探す必要があります。

 

つまり医者任せにしていると視野狭窄が相当進み、いずれは手術をせざるを得ず、悪く言えば医者の思う壺にハマります。
 ※また手術も絶対的ではなく術後の悪化で2回も手術をした人もいます

 

従って、そうならないためにも自衛のために目薬以外の眼圧を下げる方法を取り入れる必要があるのです。

 

では、目薬以外で眼圧を下げる方法は?

 

いま注目されているのが「血流を良くして眼圧を下げる」方法で、手や眼のツボをマッサージして房水の流れを良くする手法です。

 

私はこの方法で目薬で止められなかった緑内障の進行を止めて(右眼)、正常な左眼の緑内障化を防止しています。

 

 

■眼圧を下げる手のツボ
血流を良くする手のツボは「中指の指先」で、そこをやや強めに抑え回転させマッサージをします。

 

更に指の股も普段使わないところで血管が密ではなく、血流が悪くなりやすい場所なので、ここを軽くコスって刺激することで血液が流れやすくなります。

 

■眼圧を下げる眼の周辺のツボ
眼の周辺にはいくつものツボがあり、これをタッピングしたりマッサージすることで房水の流れを良くして眼圧を下げることができます。

 

私はこれを始めて間もなく4年が経過しようとしていますが、その効果で手術もせずに緑内障の進行を止めています。

 

なお、この方法は有料購入したものなので詳細を明かせませんが、興味のある方は以下をご覧ください。