視野欠損は自宅でチェックできる

視野欠損は自宅でチェックして進行防止に努力しよう!

視野欠損は自宅でチェックできること知っていますか?

 

緑内障治療において、視野検査は通常6ヶ月ぐらいの間隔で行われます。

 

つまり、これくらいの間隔を開けないと視野欠損チェックはやっても差が出ないとの眼科医の判断です。

 

しかし、6ヶ月後に視野検査をしてみたら視野欠損が進行していたのでは、
患者はたまったものではありません。

 

例えば、3ヶ月ぐらいで進行が進んでいるようだから治療法(点眼液)を見直すとか、
進行防止のための治療をしっかりしてほしいと患者は望んでいます。

 

場合によっては、セカンドピニオンも考えるべきでしょう。

 

そこで自分の視野欠損の程度がわかり、自宅で損チェックができればいいなと思い、
インターネットで探してみました。

 

そしたら、自分の視野欠損の程度が簡単にチェックできる方法がありました。

 

 ⇒自宅で視野欠損をチェックする方法(無料)

 

 

私の緑内障の程度は、日常の生活で何ら視野の支障はありませんが、
この方法でチェックすると右目の上部に一部見えない部分があることが分かりました。

 

これだけはっきり視野の欠損状態が分かったこと、そしてこの程度では生活に支障がないことから
何とかこのままで止めたいと思っています。

 

健康診断をほとんどしない家内にも一度確認させましたら、異常がなく安心しました。

 

自宅で視野の状態をチェックできるこの方法はとても貴重です。

 

 ⇒自宅で視野欠損をチェックする方法(無料)