緑内障を予防・抑制するサプリ

緑内障の予防と抑制に効果のあったサプリと飲み物

私は緑内障(右目のみ)になって約5年、予防と抑制のためいくつかの方法を行っています。

 

 

その理由は、眼科治療(目薬)だけでは、緑内障の目の悪化が止められなことが判明し、
良い目の緑内障予防もできないことが解ったからです。

 

 

そこで新たに目の血流を良くするエクササイズを取り入れ間もなく4年が経過、
良い目はそのまま維持して、緑内障の目も進行を止めています。

 

  ご参考⇒緑内障改善エクササイズ実践記

 

 

さらに最近初めた疲労回復のサプリ(手づくりにんにく玉)、ビタミン補給の飲み物(ココア)が、
血流を良くする効果があり、「眼圧を下げる」効果が大きいことが分かりました。

 

 

手づくりにんにく玉:にんにく、しじみ、長命草、有精卵を配合】

 

 にんにくに含まれるチルアリルトリスルフィド、アホエンといった数種類のイオウ化合物には、
 血流を良くする効果があります。

 

 にんにくは料理にも多く取り入れられていますが、毎日食べるのは難しく臭いも気になりますので、
 臭の無いサプリメントは有り難いです。

 

 また、長命草はビタミン類を始め、ポリフェノールやカロテン、ミネラル類を豊富に含み、
 ポリフェノールは高い抗酸化作用があり、この抗酸化作用により血流を良くする効果があります、

 

 「手づくりにんにく玉」は、疲労回復はもちろん、私には「眼圧を下げる」効果もありました。

 

    ご参考⇒パワー全開!にんにく玉!

 

 

【森永の純ココア】

 

 ココアに含まれているカカオポリフェノールやテオブロミンには、血管の詰まりや脆弱化を防止したり、
 毛細血管の血流を促進する働きがあります。

 

 これは脳や目の血流量を改善する効果もあり、緑内障の「眼圧を下げる」ことにも繋がると思われます。

 

 

私は、この「手づくりにんにく玉」と「純ココア」を数ヶ月前から使用し、
眼圧が「2ポイント下がり」とても驚いています。

 

 

これらの使用目的は、疲労回復とビタミンの補給でしたが、
緑内障への思いがけない効果に、引き続き使用を継続しています。