眼圧を下げるツボ

眼圧を下げるツボが解かれば視野欠損の進行は止められる!!

眼圧を下げるツボを知ってマッサージをすれば、緑内障の進行を止められる可能性があります。

 

このマッサージで血流が良くなり、緑内障の進行を止めたり、緑内障予防にも効果があります。

 

通常、緑内障は進行状況に応じて点眼液(種類と数)治療が行われますが、
この治療だけでは安心とはいえず、進行が進む人もけっこういるのです。

 

私の場合も約1年点眼液治療を行いましたが、少しづつ進行していました。

 

治療を続けお金を取っていながら視野欠損の進行が進んでも、
眼科医は謝りも申し訳けなさそうな顔もしません!

 

すべて患者の責任なのです!

 

従って、治療・点眼液だけに頼りきるのも問題、自らも「眼圧を下げる」努力が必要です。

 

緑内障と診断され医者任せにするか、それとも自らも努力して「眼圧を下げるツボ」などのマッサージを
するか、によって緑内障の進行を止める可能性は大きく変わります。

 

「眼圧を下げるツボ」は、目の周辺に約10ヶ所あり、それだけをマッサージするだけで
血流を改善できますが、目の周辺だけではなく更に拡大マッサージによってより効果が期待できます。

 

では具体的にどの位置をマッサージすればいいのでしょうか?

 

それは、この研究を10年以上続け3万人以上の緑内障患者の眼圧を改善してきた
「今野式緑内障改善エクササイズ」が参考になるものと思います。

 

私はこれを実践して3年以上経過していますが、視野欠損は進行せずストップしたままです!

 

 

詳細はこちら!⇒眼圧を下げる・視野欠損を止める!【今野式緑内障改善エクササイズ】